口でお願いされて

佐藤さんとのこと。

また会うことになって、お邪魔した仕事場でした。

キスをされて抱かれたまま、片手でスカートを捲られて。
わたしが手で抑えても、佐藤さんはもう片方の手で捲ってきました。


抱きつかれたままの肩越しに「パンツは?」と覗きこんできました。


「どんなの?」とか、「見せて」とか・・・
口調はそんな雰囲気で。


佐藤さんは肩越しにスカートが捲れた状態を確認したら手を離してくれました。

そして、
「オレのパンツも見てよ」
といってわたしをベッドに座らせました。


ベルトを外して、わたしの手を取ってズボンに掛けて下ろすようにさせて。


目の前に佐藤さんの。。。


わたしの手を持ったまま、自分のパンツに当ててきます。

触れてしまった佐藤さんのは固くなってきてて、わたしが触ったせいで、もっと大きくなってきてるみたい。


「してくれる?」
と聞かれ、わたしは黙って右手を押しつけました。

左手はお尻の方のパンツの裾に少しだけ入れて。


わたしおとなしく触ったからか、佐藤さんも手を離して頭を撫でてきました。

佐藤さんが髪を撫でて、わたしは股間を撫でて。

なんとなく想像してたようなことになって、旦那さんにもそういうことを想像されてたんだろうなって思いました。


ものすごく大きくなってきたのでパンツの裾から手を入れると、佐藤さんはビクって腰を引いて、また元の姿勢に戻ったり。


手を入れたまま周りを撫でるようにしました。

佐藤さんが髪を撫でるのが段々と荒っぽくて、クシャクシャにされるような感じ。
だんだん頭を掴むような撫でつけるような強い感じで、自分の腰に近づけてきました。


佐藤さんの様子がどんどん変わるので、わたしも撫でてたのをやめて軽く握ってみたり。。。

そっと擦るとヌルヌルした感触でした。

パンツも冷たい。

髪を撫でていた佐藤さんの手が、肩を掴むようになって、背中をグルグルって撫でるようにしてきました。

手が遠くまで伸びてくる度に、腰が前の方に移動してきて、わたしの顔の前にパンツの膨らんだのが近づいてきます。

もう顔に当たりそうなくらい。
というか当てたそうな感じも。。。


腰が近づいたタイミングでパンツにキスをして、そのまま歯を立てて噛んでみました。


「イタイイタイ!」って言われるのが面白くて笑うと、
佐藤さんは「もう舐めてよ」と、わたしの横に寝そべりました。


ベッドに横になった佐藤さんのパンツを下ろしたら、大きくなって先からヌルヌルしてました。

手を添えて足の付け根のとこや浮き上がった血管のところにキスをして舌先で撫でます。


何回か繰り返して、先を口にパクッと入れました。

ヌルヌルした粘膜っぽい感じ。

「抱っこさせて」
と言われたので、顔を上げたら、
「咥えたままで!」
って言います。

足に抱きつこうとするとそれも違ってて、佐藤さんは自分の上に乗るように上下逆さになりたかったみたいでした。

さすがに乗るのは気が引けるので、枕元に足を投げ出してわたしもベッドに横になりました。


佐藤さんは横になったわたしの体を抱き寄せて。
わたしは股間で口に含んだまま。


息苦しい状況だけど、ベッドで体温を感じるのは嫌いじゃないです。
心地良さもありました。

佐藤さんの手はわたしを抱き寄せながら、背中を何周かしてからお尻を撫でてきます。

また
「パンツは?」
と言ってスカートを捲って見ようとしてきました。


顔をスカートの中に入れるような・・・

捲られてるので入れてるわけではないのですけど。。。


足の間に挟まるような感じで太ももに頭を乗せて。

お尻を触りながら、ちょっとずつパンツの周りに指を当ててきます。
太ももに頭があるので、足を閉じられなくて。

佐藤さんの顔の間近で足が開いたまま。


間近にパンツを見られながら。


わたしも少しずつ触られる感じでした。

「やわらかい」とか
「あたたかい」とか。

わたしは佐藤さんのを口に含んだまま。

声を掛けられながら、スカートの中を触られて。

わたしは、それまで手を添えていただけだったのを、握って擦りながら口に咥えるようにしました。

佐藤さんは
「ヤバイヤバイ」
って言いながら、手に力を込めてきます。


グッと抱き寄せられる感じになって、太ももに挟んでいた頭をわたしの股間に押しつけてきました。

佐藤さんの顔が当たります。。。

鼻を押しつけるようにして、わたしの方にも刺激してくるみたい。


「それは出るから!!」
と言って腰を引くのだけど、わたしも握ったまま。

いっぱい吸うようにしながら、擦る手は休めずにしました。

佐藤さんの手にどんどん力がこもってて、わたしの足の間で顔を押しつけるように。

大事なところが刺激されるようで、わたしも声が出てしまいました。

佐藤さんが声をあげて、顔の周りには飛び出してきた白いのが付いてしまいました。。

佐藤さんがハァハァって息を荒げているのが、そのまま足の周りに吹き付けられてて、こそばゆいような、どいて欲しいような・・

少しして、
「出ちゃったじゃん!」って言われました。

やっと足に挟まってた頭をどけて。

「良かったですね」とわたしが言うと
「出したい場所じゃない」って返されました。

佐藤さんは「でもオレしか気持ち良くなってないしさ!」と続けて、またスカートの中に顔を入れてきました。

「ちょっと待って!」
とわたしが言っても、それも聞かずに鼻や唇を押しつけてきます。

「今日はダメ!」
って頭を押しのけながら逃げようとするのだけど、ときどき強い刺激に声をあげてしまうし。。


すると佐藤さんが顔を上げて言いました。
「今日じゃなかったらいつ?」と。。


「なんかあまり濡れてないみたいだし〜」


そう言われて、力を解かれました。

佐藤さんが起き上がってパンツを履くのを見ながら、わたしも乱れた服を直しました。

それからコーヒーを淹れてもらって、おたがいに落ち着いたところで帰りました。

旦那さんに証拠写真。
佐藤さんにはまた会うかもしれない約束。

帰ってから報告をした日でした。

0
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

LEVEL3

関連記事

「口でお願いされて」

佐藤さんとのことを見る

コメント(8)


ゆうちゃんは複雑な気持ちにあるのかもしれないけれど、、、
身勝手な男の立場からすれば
たまらないシチュエーションなんだよね

ゆうちゃん的には
どうなの?
佐藤さんっていう人は
okになるの?


ひとつ気になるのが
「パンツは?」って どういうことなの?

初投稿しちゃいました。

リアルな表現でドキドキしちゃいました。

正直、佐藤さんが羨ましい
って思ってしまいますね~


舌足らずなことはないよ
臨場感のある文面に
終始ドキドキと羨ましさ感じながら何度も読み返したし、、

ただね
ゆうちゃん
パンツ履いてなかったのか?
Tバックだったのか?
触れていい?だったのか?

ちょいと気になったからね(笑


ありがとう!
スッキリしたよ(笑

しかし、、
相手も よく我慢できたね
紳士なんかな

この先 どうなるんだろうね

Hello! Someone in my Facebook group shared this website with us
so I came to look it over. I'm definitely loving the information. I'm bookmarking and will be tweeting this
to my followers! Excellent blog and wonderful design and style.

コメントする


(公開されません)