ゴールデンウィークの夫婦で温泉旅行

いまごろなんですけど、
ゴールデンウィークの後半。


ホントにこんなにも休みが続くのが珍しくて、せっかくなので温泉へ泊まりに出かけました。

いつもヒマなわたしと、休みでも仕事へ行き忙しい旦那さん。


のんびりと過ごすのはわたしのためというよりは、旦那さんの疲労を癒すため。
「疲れた」とか「痛い」とか言わないですけど、温泉ならリラックスするだろうなって思って相談しました。


予約したのは家から2時間と掛からないところ。
高速道路を使わなくても済むし、そんなに遠くまで行く必要も無いってことで意見が一致しました。

ホテルにつくと、誰かいる??くらいに静かで薄暗い感じ。
駐車場にも一台も車が無くて、もしかしたら宿泊客はわたしたちだけ?という感じでした。


フロントから案内されて館内を歩くと、薄暗く感じたのは入口だけで、大きな窓のレストランやロビー。
通路も雰囲気が良くて、最初のイメージとは全く違ってわたしの早とちりでした。


ゆっくりのんびりと過ごしたかったので、早めの時間に到着してダラダラとしてました。

テレビのチャンネルも家と同じで、なんだか不思議な安心感。


ふだんはそんなに見ていないテレビも、こんなところだから点けてみたくなるような。

だんだんヒマを持て余すようになったので、とりあえず温泉へ行くことにしました。


歩いてても誰ともすれ違わないし、浴室も使われた形跡がなくて、ホントにわたしたちだけが泊まってる感じでした。

ちょっと熱い内湯と、外気でぬるくなった露天風呂。


わたしは熱いのがニガテで、ぬるいところに長く浸かるのが好きなので、露天風呂でただただ景色を眺めてました。

だんだんボーッとしてくるような感じで、半身浴にしたり肩まで浸かったり。


上がって部屋に戻ると、旦那さんはすっかりくつろいでテレビを見てました。

ちょっと早めの夕飯は、家では食べないような豪華なお肉が少し。
地元産?みたいな野菜がいっぱい。

あと旅館でよく見る、燃料に火が付いてグツグツするもの。



一皿ごとには少しずつの量なのに、最後にはお腹いっぱいでもういらなくなるのって何だろう。。。?

旅館とかホテルのご飯ってそういうイメージです。


食べ終わってからロビーにあった専門誌みたいなのをチラチラと見ながら、お部屋に戻ってゴロゴロすることにしました。

のんびりにしきたので、ゴロゴロとしたまま時間が過ぎて明日になってしまうのがもったいなくて、いつまでもココでゴロゴロしていたい気分でした。


明日になって帰る時間になったら、のんびりな時間が過ぎて行ってしまう。。

旦那さんを見ると、お腹いっぱいになったからか眠そうな顔をして、うつ伏せのまま今にも夢の世界へいってしまいそうでした。

目を覚ませようと思って旦那さんのベッドに移ると、手を持ち上げてわたしを招き入れて肩を抱いてくれました。

態度は優しいのに触れ合うことは多くないので、ゆったりとしたこの時間が嬉しくて、旦那さんのアゴのあたりにキスをしました。


すると、
旦那さんはわたしの額にキスを返してくれて、そのまま唇にもキスをしてくれました。


わたしもうつ伏せだったので、体の向きを変えて旦那さんに寄り添うように仰向けになりました。

旦那さんはうつ伏せで肩に手を置いたままだったのに、わたしが動いたので少し腕が胸に触れるよう。。


わたしの頭の下に手を通して、ギュッと腕に力を入れてわたしを抱き寄せるようにしてくれました。


少し触れていた腕が動いて、手が撫でるように左の胸を包みました。

旦那さんがちょっとずつ近づいて、両足でわたしの足を挟むように押しつけてきてました。

固いのが太ももにグッと押しつけられてて。


そっと下に手をおろしたら指先に少しだけ当たったみたいで、旦那さんがビクッと動いてそのまま覆い被さってきました。


口のまわりを舐められるようにされてヨダレだらけ。。
シャツの中で背中を撫でるようにしながら、腰を押しつけてきます。


こんなに激しくしてくる旦那さんって無かったかもしれないです。。


まだおたがいにズボンも履いているのに、固くなったのを今にも入れてきそうなくらいに、わたしの足の間に押しつけて。
ぐいぐいって上下させてこすりつけてきます。


服の上からだけど胸に顔を埋めてくる旦那さんの頭を抱きしめました。

わたしのパンツの中に手を入れて、お尻を触りながら脱がせようとしてきます。

腰を浮かして上げたら一気に脱がされて、旦那さんも体を起こして下だけ裸になりました。

そしてまた同じように足の間に体を沈めて。


もっとゆっくりと雰囲気を感じながらかなって思っていたのだけど、そういうつもりではなかったみたい。。


ズボンを履いていたときみたいにグイグイと押しつけてきながら、固いところでなぞるようにしてきます。


それがときどきクリトリスに当たって強い刺激があって。
声を出しながら旦那さんを抱きしめてました。

旦那さんの体が少し沈んだと思ったら、わたしの中に入ってきました。
ぐっと力を込めて。。。
そして音をたてて出しては入れて・・・

旦那さんとは、、、、ものすごく長い間してなかったです。

いろんなことをして、その間にウソをついたことも裏切ったことも。
ありえないと思ったこともありました。


なのに一緒にいられる時間があることは幸運なこと。
運も良くて幸せなんだと思ってました。


どんな形でも行為でも、まだわたしを求めてくれてて嬉しかったです。

久しぶりで乱暴な感じだけど。
旦那さんとのことに涙が出ました。

わたしの胸の上で旦那さんは力が抜けてもたれかかってました。
枕にするには小さいけれど。

している最中にめくれたシャツは、肌を隠しきれていなくて。

旦那さんはわたしの中に入れたまま、わたしの先端を指で触れていました。


そのまま、わたしの中では旦那さんのが小さくなっていく感じでした。


久しぶりの温泉旅行でした。

旦那さんにとってのんびりできたのかな。。。。
運転が大変じゃなかったかな。。

結局、帰ってきてから昼寝してたし。

でも行けて良かったな。

そんなゴールデンウィークでした。

2
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「ゴールデンウィークの夫婦で温泉旅行」

旦那さんとのことを見る

コメント(2)

たまに覗いてます
仲良くなって良かったね

コメントする


(公開されません)