宅急便が来るまで起きている

夜の間に降っていた雨がすごくて、ちょっとだけ開けていた窓から風と一緒に冷たいしぶきが入ってきてて。

ちょっと床が湿った感じでした。


音と風で目が覚めて窓を閉めてまた寝て。

夜のうちに一度起きてしまうと、朝もなんとなくボーッとして、起きた分だけ余計に寝なきゃいられないような目元になります。

もう上からまぶたが落ちてくるみたい。

午前中にお届けものがある予定でした。

Amazonで本を買っていたので、それが届くまではどんなに眠くても眠りに落ちるわけにはいかないし、外出もできない。

たぶん、いつもの予定だとクロネコヤマトのお兄さんは午前中にやってくる。
それまでの我慢。

案の定、10時を過ぎたような時間帯に荷物を持ってきてくれて。

予定通り。

もうココからはわたしの自由になったので、寝ようが出かけようがなんでもできる感じになりました。


外は雨雲が残っているような、今にも雫が落ちてきそうな天気です。

届いたばかりの本を開きながらゴロゴロしようかな。

今日、届いた本もブログでご紹介するっていうのも楽しいのかなって思いながら、ダラダラとしている昼間です。

0
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

LEVEL3

関連記事

「宅急便が来るまで起きている」

コメント(3)

のんびり気ままに過ごす休みは大切ですね。
せっかくの休みだからとムキになったように出かけて月曜日がつらくなってしまいました。

雨雲と古本の紙の色って似てますよね。
古本を読んでるとたまに不安な気持ちになります。

コメントする


(公開されません)