わたしの話

普段のこととか言いづらいことをブログに書き溜めたいと思います

意識が飛んでしまうくらいのエッチ

投稿日:2016年6月8日

初めて佐藤さんと行ったラブホで、わたしもいつもと違ったその場の特別な雰囲気に浸ってました。
意気投合はしてたけど、特別な感情は抱いていない相手だと思ってます。
だけど押されるがまま相手の勢いに乗って、ラブホへ行くような関係にまでなって。
特別な感情は無いと思ってても、特別な関係にはなってると思います。
時間が過ぎてから思い出すのも恥ずかしいのと、細々と書いてると長くなっちゃって、「続きます」っていう言葉に逃げているできごと。
ラブホでのことです。
佐藤さんの指がわたしの中へ出入りを繰り返したり、一番強い感触のあるところを押されるよな摩擦するような。。。
気持ち良くされてしまってるわたし。
もう何も分からないくらいにヌルヌルして、佐藤さんの手が光ってました。
いつもと変わらないような表情で、わたしに言葉をかけたあと、佐藤さんは足の間に顔を埋めてきました。
敏感になっているところに舌を這わせて、やわらかな触感なのにそれがとても刺激的で。。。
どんなに抑えようとしても腰がビクって浮いてしまう感じ。
佐藤さんは足の間に顔を入れたまま、わたしの上に覆い被さるように跨がってました。
わたしの顔の前には佐藤さんの。。
固いのをわたしの顔に押し当てるようにしてくるので、先から出てるヌルっとしたのが皮膚に着けられるような。。
手で口の近くに運んで、形に沿って舌を這わせました。
すると、わたしの足の間で佐藤さんの舌が時々動きを止めるような。。
立場逆転!?みたいな感じで、佐藤さんのを舌で濡らします。
どんどん固くなっていくようで、佐藤さんの腰も上下して遠くなったり近くなったり。
ぎゅって握って口に含んだまま手で擦りました。
わたしに触れる佐藤さんの舌先も中に入ってきそうなくらいに上下してて、わたしの口は塞がっているのに息と一緒に声も漏れてしまいそう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

執筆者:


  1. si より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ゆう より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. ぽこにゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

時間のあった午後

昨日、時間のあった午後は、ずっといろいろな人からの連絡に答えてました。
急に連絡をもらった仕事は午前中にわたしの間違いが訂正できて。

no image

青いの

好きな色はなんですか? って聞かれたとしたら、たぶん、そのときによって、わたしの好みは変わると思うのだけど。 たぶん、白とか、爽やかな雰囲気の色は、けっこう選ぶ頻度が高いんじゃないかなって思います。 …

no image

人がいっぱいの観光地

あっちこっちに出かけると、人がいっぱいいるところもあれば、ぜんぜんいないところもあります。

no image

ブログに書く話題が偏っている

最近のブログの話題というか、ネタというか。偏ってきている感じがするのだけど。
ここのブログは、そういうものだっていう開き直りみたいな気持ちも含めて。

no image

ラインを欲しがるひと

昨日、一昨日のことなのだけど。
ずっと父の日をしていなくて。
去年もしていなかったし。



プロフィール

プロフィール

わたしのことは、このブログでちょっとずつご紹介したいなと思います。
みなさんに伝えたいことや、内緒なことを書いていくつもりです。

★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

アーカイブ