わたしの話

普段のこととか言いづらいことをブログに書き溜めたいと思います

  • にほんブログ村 大人の生活ブログへ

旦那さんのいない夜

投稿日:

お盆はお互いの実家へ帰省をしていました。
旦那さんかわたしか、どちらかの実家へ先に帰り、泊まったり日帰りだったり。
特に遠出はせずに帰省だけで済ませるのがお盆の過ごし方。
毎年おなじ計画でした。
今年もそのつもりで、どっちかの家に先に帰省するように考えてました。
今年は最初にわたしの実家。
泊まるかな?と思っていたけど、旦那さんが「日帰りで」と言うので、そうしました。
帰っても特に何かするということもなくて、お墓参りと仏壇に手を合わせるのと。。
前は懐かしい場所に行く事もあったのですけど、そう何回も行くほどでもないので、だんだんとヒマな時間を過ごすようになりました。
だから「日帰り」っていうのも分かるので、わたしも別に良いかと思いました。


次の日、先にわたしの実家へ行ったので、旦那さんの実家へ帰省して1泊くらいするのかなっていう考えでいました。
だけど、「ひとりで行ってくる」と言う旦那さん。
何かあるのかな?と思って聞くのだけど、「帰るだけ」という答えでした。
そう何度もしつこく聞くのも気が引けたので、そっと流すようにして聞くのを止めました。
出かける間際「何時頃帰ってくる?」と聞くと、「さぁ何時かな」という感じの返事。
「遅くなるような連絡ちょうだい」とだけ伝えました。



夕飯の準備もできないまま9時10時。
「泊まってくる?」とメールをしたら「泊まってくる」とそのままの返事がありました。
なんだか脱力したまま。
日付が変わりそうな今日です。

★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

  1. ojisann より:

    そう簡単には行かないかな
    微妙な空気感が伝わって
    来ますね。

  2. ゆう より:

    いろいろですね。
    いつもコメントありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サボテンの花が咲いた

外に置いていたサボテンの花が咲きました。

no image

余計なこと

わたしの信頼する友人のひとりに、A君という男の子がいます。
年齢はわたしよりも下です。
でも前に勤めていた会社でお世話になって、優しくておとなしい性格と、やわらかい雰囲気がとても人気でした。

no image

良かれと思ってお節介

なにがあったかとか、どういう理由なのか分からないけれど。
昼から夕方が近づくにつれて、だんだん気持ちに余裕が無くなるというか。。。
イライラとしてしまって。

no image

いつも素っ気ない

寝る前、旦那さんの布団に入ってみました。
どんな顔するだろう?
ってちょっと楽しみにしながら、いたずら半分っていう気持ちもあったりして。
だけど、布団に入ってるわたしを見て、旦那さんは自分の布団には入らなくて、空いてたわたしの布団に入ってしまって。
「じゃあ。わたしがそっちへ転がっていって。」と思ってゴロゴロと転がっていったのに。
「せまい」とひとこと。

no image

ブログのこと

もう何年も続けているこのブログ。すっかり長くなったなって思うことが、たびたびあります。 もともとは無料サービスのものから始めて、ひとのお世話になったりしながら、オリジナルのものになって。それから、わた …


わたしのことは、このブログでちょっとずつご紹介したいなと思います。
みなさんに伝えたいことや、内緒なことを書いていくつもりです。

アーカイブ