朝の会話

昨夜、何時まで続いたのか分からない旦那さんと旦那さんの友だちの酒盛り。

ふたりっきりでよくそんなにいつまでもいられるなぁと思いながら、わたしは寝てしまってました。


朝、気が付くと旦那さんはリビングで毛布をかぶってました。

いちおう流し台にコップや空き缶は片付けてあって。

お風呂にも入ったみたいです。


長い時間、飲み続けていても意外と酔っ払ってはいなかったのかも。。。


わたしが朝ご飯の準備を始めたら、その音で目を覚ましてテレビをつけていました。

ご飯をテーブルに並べて、いつものように静かに食べ始めました。


昨日は何時ごろまで?

友だちはちゃんと帰れた?

なに話したの?

そんなことを聞きながら、週末のこととか少しずつ聞こうと思っていました。

実家にいたの?

何してたの?

どうして帰ってこなかったの?

と。。。


だんだんと物静かな様子から、旦那さんはもっともっと輪を掛けて無言になっていく。。


気まずい雰囲気になったまま、旦那さんは朝ご飯を終えて出勤の準備に行きました。

実家にいたっていうことと、のんびりとしてたってこと。
それぐらいしかわたしには教えてもらえませんでした。

でも
家から出る玄関で、旦那さんは「しばらく実家にいる」と言いました。


「どうして?」と聞いたわたしに、
「たまには帰ってくるかもしれない」と答えて出て行きました。

わたしが家にいるから、代わりに旦那さんが実家に帰るってことか。。。

そう理解してわたしも仕事に行きました。


しばらくはひとりの生活になりそうです。

0
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「朝の会話」

旦那さんとのことを見る

コメント(2)

このコメントは秘密です

このコメントは秘密です

コメントする


(公開されません)