服ごと胸を鷲掴みに

レンジが壊れたのですけど、旦那さんが一緒に電器屋さんへいってくれることになりました。


昼間、連絡をしていて、返事は無いかもしれないなって思っていたのだけど、意外と早い連絡で「見に行くか」っていう返事が来ました。


「見てくる」じゃなくて「行くか」ってところがポイントです。
土曜日の午前中ってことで約束をしました。

旦那さんに迎えに来てもらいます。

関連記事

そんなことがあった今日なんですけど、夕方に知り合いの西さんが巨峰を持ってきました。

今がシーズンなのか分からないですけど。
ふさの大きいのがふたつ。袋の中に。

「おすそわけ」って言いながら巨峰の入った袋をわたしに渡してくれました。


受け取った袋の中を覗き込むとブドウの良い香りがして
「スゴイ美味しい匂いがする!」
って西さんにお礼を伝えました。


すると西さんも、袋の中を覗き込んで香りを嗅いでました。
そして
「巨乳じゃないけど巨峰食べて」
ってつまらないことを言って、わたしの服の中を覗こうとしてきました。

思わず後ずさりして逃げたのだけど、西さんがわたしの腰に手をかける方が早くて。
ぐっと引き寄せて。。。。


着てた服の首元を引っ張って中を覗こうとしてきます。

服の中が見えたのか分からないけど、引っ張った手はわたしの胸に。

西さんは服ごと胸を鷲掴みにして。。。。


ギュッと掴むようにしてきた手を振り払おうとして身をよじったり叩いたり。

わたしがバタバタして暴れたからなのか、西さんが離したのか、、、
ブドウを投げて西さんを押し退けて玄関から追い出しました。


閉まったドアの向こうで
「おーい」
っていう声と、少し沈んだような謝る声と。


しばらくして
「巨峰置いとくから」っていうメールが届いて、西さんは帰っていったみたいでした。


そのあと。
わたしは落ち着かずに、ボーッとしたまま結構な時間まで過ごしてました。

0
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

LEVEL3

関連記事

「服ごと胸を鷲掴みに」

西さんとのことを見る

コメントする


(公開されません)