旦那さん達との家飲みのこと

お酒が入って気持ちが悪いのだか、機嫌が良いのだか分からないテンションの旦那さん達との家飲みでした。

もともとお酒を飲まないしアルコールも弱いので、すすめられても迷惑以外の何ものでも無いのですけど。。。
旦那さん達が飲んでるお酒に唐辛子を入れたものが珍しくて、どんなのだろうって思って口にしたのがまずかったです。

もともとわたしはビールもジョッキ1杯は飲み干すことができなくて、がんばって飲んだところで2杯目は口を付けることもできないくらい。
最初のひとくちだけは、なんとか美味しいと思うことができても、ふたくちめからはもう苦痛に感じることも多いぐらいです。

お酒の席はキライでは無いけど、飲まなければいけないような雰囲気になるのは嫌いでした。


旦那さんからお酒をすすめられたこともあるのですけど、それはかなり大昔で、わたしが興味を示しているとき以外は目の前にも出してきませんでした。

でも今日は興味を示しているように見えたんだと思います。

お酒を飲む人たちは、一緒に飲んでもらうことが楽しいようだし。。


興味半分というか、興味だけで口に含んでみました。

日本酒に唐辛子を入れたのが美味しいのかどうか分からないのと、もともとお酒の味も分からないのと。


ひとくちもらって、まったく味も分からなくて。

久しぶりのアルコールに、ちょっと頭がくらっとくる感じと頬が熱くなる感じを味わいながら、求められた感想を伝えました。

「ぜんぜん分からない」
と。

実際、旦那さんも友だちもおいしそうには見えないのだけど。
飲んでいるということはおいしいのかなって思いました。


味が分からないって言いながら、ふたくちかみくちか飲んでみて。
もうちょっと飲んだら味が舌に染みてくるような気もするし、旦那さん達も一緒に飲んでくれるのが悪い気がするわけでもないみたいで。
止めようともしなかったというか、ふつうに差し出してくれてました。


たぶん1杯は飲みきれなかったと思います。

でもわたしには限界点に近いくらいの摂取量だったのかもしれません。
久しぶりだし。
もともと飲めないし。
味も分からなくて美味しく感じられないし。


気持ち悪く前のちょっと気持ちの良い時間も味わって、でも頭が痛むようなくらくらするようなのも久しぶり。
体じゅうにアルコールが回って熱い感じに真っ赤になるのも久しぶり。

旦那さんや友だちに、「真っ赤だ」って言われて「本当に!?」みたいにはしゃいでる自分が不思議でした。


見てみれば手のひらも真っ赤になってるし、腕を捲るとピンク色。


お腹には斑点のようにぶつぶつとした感じで赤くなってました。


旦那さんが「大丈夫か?」っていう感じで、赤くなったお腹を心配してくれました。

わたし自身、とっても酔っ払って暑かったので心配してもらった気遣いが嬉しく思いました。

旦那さんにお腹をさすってもらいながら、しばらくおつまみを摘まんだりしながら酔いに任せていたのですけど。
寄りかかっていたソファに並んで座ってたのは、旦那さんと友だちふたりでした。


向かい合って座ってたと思ってたのだけど、どこかのタイミングで3人並んでたみたいで、お腹をさすってくれてると思っていたのは上半身を撫でていたみたいで。。。


わたしが酔っ払って見間違えなのか誤解なのかっていう気もするのですけど。

0
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「旦那さん達との家飲みのこと」

コメント(3)

このコメントは秘密です

ドキドキする展開

この先はどーなるの
かなり気になる

コメントする


(公開されません)