酔っ払ってたときの記憶

昨日は旦那さんとわたしと、旦那さんの友だちとで、家での食事と飲みでした。

わたしも慣れないお酒を口にして酔っ払ってっていうのを久しぶりに経験しました。

旦那さんと週末を過ごす予定にもしていたのに、何の予定も立てられなくて、結局出かけることもなく家にいたので、こんなイベントでも良いなって思ってました。

正直、準備するのは面倒だし、どこかに出かけたかったのですけど。
できれば旦那さんとふたりで。


旦那さんは友だちと過ごすのが楽しいみたいだし、わたしも何度も会って慣れてきてるし。


久しぶりにお酒を飲んで、気持ちが悪いような気分で介抱してもらってっていう、ダメな酔っ払いのわたしでした。

旦那さんが面倒を見てくれていると思っていたのだけど、わたしの記憶では旦那さんと、その友だちとふたりのお世話になっていたみたいで。


アルコールが回って真っ赤になっているのを心配されながら、お腹を温めてもらっていたような気もするし、背中をさすられていた気もするし。


旦那さんに面倒を掛けていただけなら良いのだけど、お客さんの友だちにまでっていうのは申し訳なくて。


介抱されて寝室へ連れて行ってもらったけれど、ひと眠りして起きたら衣服もだらしなくなってて。

よっぽど具合が悪かったのか、、、思い出してみれば、わたしが苦しがっていたような気もするし、、、


具体的に書けば、
ブラはホックが外れてるし、ベルトは緩んでいるし。

さすられてたのは背中だったのか??っていう感じもするし。。。

寝室から出てみたら、すっかり静かになってました。

旦那さんはリビングで横になったままで、友だちは帰ったみたいで靴もありませんでした。


何時まで飲んでたんだろう?って思いながら、部屋は食べて飲んだまま散らかってました。


朝、旦那さんはいつも通りに起きて仕事へ出かけて行きました。

仕事の準備とか着替えとか、家にあるもので大丈夫らしいです。
今日はこの家に帰ってくるのか、また実家へ帰るのか聞かず仕舞いでした。

また連絡を待っていたいと思います。

0
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「酔っ払ってたときの記憶」

コメント(1)

このコメントは秘密です

コメントする


(公開されません)