初対面だけど意気投合したときの話

結婚前のことです。


就職したあとの研修で、いろいろな会社の人たちと一緒になりました。
だいたいは新入社員でこれから電話の仕方を覚えたり、一般常識を身につけていかなきゃいけないっていうところでした。


わたしも会社から参加するように言われて、大勢が集まっているところに1泊2日の研修に参加しました。

知らない人たちとチームになって挨拶をしたり課題をクリアしたり。
親に手紙を書くっていうのもありました。

帰りの電車で、たまたま参加者のひとりと一緒になりました。
全国のあちこちから集まっていた大きめの研修だったのに、その一人は偶然同じ市内の近い会社でした。

同じ研修を受けたっていう気軽さもあって、その日が初対面だけど意気投合して話ながら帰りました。

連絡先を交換したこともあって、それからしばらく電話が掛かってきたり、メールを交換したり。

食事に出かけたこともありました。


でもそれ以上のこともなく、遊びに行くこともなかったのですけど、いつからか彼はの電話は毎日になり、わたしの都合や感情には向き合ってくれなくなりました。


忙しいとか。
気分が滅入っているとか。

そういう日だってわたしにはあります。


電話に出られなかったら、何度もコールがありました。

留守電に声が残されていたこともありました。

わたしの勤め先にやってきたこともありました。

そんな状態がわたしには怖くて、どうしようかと思っていたとき、センパイや友だちも気が付いてくれてました。

帰る時間帯には一緒に会社を出てくれることもありました。

電話は着信拒否にしました。

それでも着信履歴には彼の電話番号が残ります。


電話が掛かってこなくなるまで何ヶ月か。

見て見ない振りをしながらの生活でした。


身の回りに変わったことはありませんでしたけど。
そんな風な好意を持たれたのは初めてで、不安がいっぱいの時期でした。

0
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

LEVEL3

関連記事

「初対面だけど意気投合したときの話」

コメント(4)

それはそれで怖いですね(*´Д`*)
この先どうなるかわからないけど

このコメントは秘密です

そうなんだ。つきまとわれなくてよかったね。
最近ストーカー規制法とか怖いもんね

コメントする


(公開されません)