透けたブラジャー

朝、今日の予定でさんざん迷っていたのだけど。
けっきょく電話で連絡をして、準備をしてもらってから出かけて。

いったん家に帰ってきてから、散歩ついでに畑の様子を見に行って。


それでも今日は時間に余裕があるくらい。


雨が降って暖かくなって。


植物にとっては一気に都合の良い季節になったのか、うちの数少ない農作物よりも雑草の方が一気に目立つようになりました。


「まだ小さいからイイや」って見逃したものは、いつの間にか大きく育って根も張って。

すくすく育っていたハズのジャガイモは、風の影響なのか真ん中から広がってしまって。
もしかしたら茎が折れているんじゃないかってくらいに倒れてました。

でも元気が無くなって土に埋まってしまったと思っていたネギが、少し大きくなっているのには安心しました。


今日はしっかりと草を抜いて、来週の雨の予報に備えておこうって思って意気込んでいました。

きっと雨が降ったら見に行くってこともしなくて、知らない間に草原になってて。

まだ明日は晴れるようだから、抜いて端にまとめておけば枯れてくれるかもしれない。。。


少し日が傾くくらいが良いと時間を見計らって。

今日は気合いを入れて草を抜くって決めていたから、歩いて行くのも気合いが入ってていつもよりちょっと速いくらいのペースでした。


肝心の畑の草取りをする前に汗がダーッと流れてて。
草刈り用の道具を担いで汗だくで歩いているって、、、
しかもウォーキングみたいな格好で。


たぶん周りから見たら、何をしている人かも分からない感じなのかも。。。

太陽が隠れて涼しくなると思っていた陽射しも、時間が経つほどに雲が無くなっていくような、陽射しの暑さは残っているような。。

しかも、
前回から2・3日しか経っていないと思うのに、しっかりと根を張っている草もあって、けっこう深く掘らないと抜けないものとか。

あまりに暑いので着ていたタンクトップを脱いで、道路の端のコンクリートの上に掛けて。
Tシャツ姿にアームウォーマーっていう、涼しげなのか暑いのか・・・

1時間くらい畑で粘って。
しつこいスギノコが少し残っているくらいで、目立っているのはだいたいやっつけました。


今日はがんばった充実感と達成感と。

汗を拭ってひと息ついていたら、途中から隣の畑に来ていたひとが声を掛けてくれました。

「雨が降って草ばっかりで嫌だね」


そんな言葉に頷きながら、世間話をしてお互いの畑を眺めて。


風が吹けば気持ちは良いのだけど、太陽が出ているとジワジワと暑さが蘇ってきます。


端に掛けて置いた服を取って、帰り道を歩き始めたところで知り合いの西さんと会いました。

車で後ろから近づいてきてクラクションをピッピッと鳴らして。


振り返ったらユックリ運転して手を振ってました。

わたしも手を振ったのだけど、西さんは近づいたひと言目に
「白いブラジャーで何してるの?」


持っていたタンクトップで叩くと、
「Tシャツから透けて見えるよ」


そう言う西さんの声が弾んでいるような気がして、
「それは気が付いても堂々と言わないもの!」
と強く返しました。


強く言ったつもり。


なのに西さんは
「花柄ありがとう」
っていうのと、
「露出して歩き回るなよ」
っていうもうひとことを残して、走り去っていきました。


汗はかいたけど。


風が気持ちいいと思って、そこまで意識せずに歩いた方が悪いような言い方をされた気もして。

良いとか悪いとかではないのだけど。


なんにしても、見つかった相手が良くなかったのだと思いました。

8
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「透けたブラジャー」

畑のことを見る

コメント(1)

このコメントは秘密です

コメントする


(公開されません)