わたしの話

普段のこととか言いづらいことをブログに書き溜めたいと思います

息が合わないひと

投稿日:

好き嫌いとかじゃないのと。
あと完全にグチなんですけど。
どうしても気が合わないひととか、息が合わないひとっています。
プライベートなら少し疎遠になっていれば、お互いに気分を害することもなく済みます。
たぶんお互いに「気が合わないな」って思うと思うし、そうしたらちょっと距離を置いて気持ちの良い関係性でいられると思います。
だけど、たとえば仕事だったら距離を離すと意味が分からないことも出てくるし、だからって近づきすぎると話しが合わないばかりか、一言ずつが気に入らなかったりで、もっと関係性が悪くなったり。
なにが言いたいかというと。。。
どうしても気が合わないひとっているんだなってことです。


おしゃべりをするのなら別ですけど。
お互いに忙しい時間で話しをするのだから、最初に用件を話して欲しいことも多いです。
なのにダラダラと話し始めて、結局言いたいことは、ひとことで済むとか。
そんなことを言い出すと、「サバサバしすぎ」とか「もっと優しい話し方をしたら」とか言われるんですけど。
だけど、話しの始めに、
「アレがこうなってコレがこうだからこうしたいのだけど、それはこういう問題があって、そのためにどうするのかいいのか考えたんですね。それで・・・・・」
なんていう話し方のひとが居ました。
聞いてたわたしは途中で意味が分からなくなって、
「それって。。わたしのこれを見てもらえれば良いんですか?」
って聞いたら
「そうです」
で終わりました。
話しを聞き始めて5分くらい経っていたんじゃないかと思います。
わたしは何を言われるのか分からないから、ひとつひとつの「アレ」とか「コレ」とかが「こうなる」っていう意味を考えながら。
いつ要望が言われるのかと思って気をつけていました。
だけど結論は。。。
「わたしが持っているファイルが見たい」
っていうだけ。
それってわたしが気が付いて「これですか」と聞かないといけなかったのかな。
きっとわたしの方がヒマだろうし、忙しくしているのは相手の方だけど。
だったらなおさら最初に結論を言って欲しいと思いました。
それでわたしが理解できないこともあると思うから、そのときに質問をさせてくれれば済むんじゃないかって。
こういうことって今回に限ったことじゃなくて。
今までにも何度かあって、そのたびに話しの腰を折ったりとか。
イラッとしたような顔をされたりとか。
このひととは気が合わないなって思うようになりました。
ただこういうひとが見に周りに一人しかいないのかっていったら、ときどき現れます。
「けっきょく、何を言いたいんですか?」
って言いたくなって、我慢できないで言ってしまうのだけど。。。。
だいたいの場合は相手の気分を壊してしまって。
周りに見ているひとがいたら
「言い方がキツい」とか
「優しく言ってあげれば」とか。
そういうふうに言われるのはわたしで。
グチです。
本当に。

★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

執筆者:


  1. しゅう より:

    どこにも同じような人っていますね(笑)
    少し休憩したいとき、早く帰りたいときに限って話しかけてくる人
    人が休憩している横でなにも考えずに賑やかな人
    僕も苦手です
    空気読めよ、て感じで

  2. ゆう より:

    あと。くどい感じとか、何が言いたいのか分からないのとか。。。悪口じゃないですよ^^;

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

トマトが赤くならない

わたしの畑は、あまり作物がうまくできなくて。管理もできていないし、草は生え方で。
毎年そんなことになっているのだけど。

no image

日常的なことも

わたしのブログは日常的なことも、非日常的なことも書こうっていう感じです。
非日常って言いながら、それも日常なんだけど・・・って思っているところが、自分ながらおもしろいなって思っているのだけど。。。

no image

健康診断の申込み

毎年じゃないのだけど、健康診断を受けてます。
会社に勤めていたときは、その会社での健康診断でしたけど、今みたいにフラフラした働き方をし始めて自分で健康診断を受けるようになりました。

no image

ブログのコミュニケーション

コメントだったら不都合な事はスルーしやすいと思うんです。でもチャットはリアルタイムだから、わたしの話術がすごくないと、たぶん返事もしづらいとか、気分が悪くなったりとか普通に起こるとも思うんです。

no image

旦那さんのズボンの中

朝、目が覚めたとき、まだ少しだけ早い時間でした。
なんとなく。
ほんとうになんとなく。
となりの布団に寝ている旦那さんの方へ転がってみました。
わたしが近くにいると邪魔らしく、起きたのか寝ぼけているのか分からない感じで、旦那さんは少し不機嫌そうな顔をします。



プロフィール

プロフィール

わたしのことは、このブログでちょっとずつご紹介したいなと思います。
みなさんに伝えたいことや、内緒なことを書いていくつもりです。

★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

アーカイブ