わたしの話

普段のこととか言いづらいことをブログに書き溜めたいと思います

  • にほんブログ村 大人の生活ブログへ

そういえば同級会。。

投稿日:2017年8月19日

しばらく前に、同級会のお知らせが来ていました。

会が開かれるのはお盆の間。
すっかり忘れていました。

もともと参加する予定では無かったので、忘れていても問題は無かったのだけど、懐かしい人がどれくらい集まったのかなとふと思い出しました。

わたしにとって初めてのご案内だったし、お世話になった先生も来る予定だって書いてあって、懐かしい友だちに会うというよりも、あのときの人たちがどんなふうになっているか気になりました。

だからといって、それがわたしが参加したいと思える理由にはならなかったのだけど。
あのころから仲が良い人はいるし、わざわざ会に参加しなくても良いのかなって思っていました。

集まることは大切なのかもしれないけれど、もう何年も経ってからの人たちなんて、もうどうなっているのか分からないし、ほぼ知らない人に近いし。
面倒なことがあっても嫌だし。

実際、卒業してから何年かあとに突然、当時の友だちが家にやって来たことがありました。

男の子だったけれど、わたしとは気が合って仲は悪くなくて、両親もそれを知っていました。

それでも学校で話すこと以外には、なにかイベントでもない限り接点もなかったのだけど、同じ班になったり席が近かったりして気軽に話せる人でした。

卒業してからは縁も無くなって気にもしていなかったのだけど、どれくらいか経ってから、わたしは噂でその人がどうしているのかを知りました。

決して悪いことだとは思いませんが、ある宗教に入信して、勧誘をして歩いているって。

家に彼がやってきたとき、懐かしさで両親は家に寄せてあげようとしましたが、わたしは玄関でそれを拒みました。

不思議がる両親と、昔とは変わった雰囲気で話す彼と。

そんなにおしゃべりなタイプじゃなかったのに、突然にやってきたときには、流れるように話し出して、「以前より明るく良くなった」ってことを言っていました。

玄関で数分の話をして、帰ってもらいました。

あとで両親に、どうして家に来たかを話したら、ただひとこと「そうか」と。

良いとも悪いとも言わなかったけれど、わたしが距離を置こうとしていたのは見てとれたみたいで。

同級会っていう場で、たとえ違う人でも同じようなことを言われたら。

懐かしいっていう思い出よりも、面倒だって思うことの方が大きくなりそうです。

わたしは参加しなかったので、それっきり何の話しもないけれど。
ふとカレンダーを見て思い出しました。

★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

  1. ojisan より:

    ゆうさんの判断に賛成
    宗教自体悪いことでは無いし
    程度の差は有れ神様を信じる気持ちは多くの
    人にあるものだとおもいます
    でもそれは個人的なもので人に強く勧める
    ものではないんじゃないかな
    よいものだから人にも勧めるって事何だろうけど
    たいがいの場合大小あるけどお金や義務みたいな
    ものが関わってくるし
    個人の心の中の問題だよね

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

腹筋は光の加減

なんとなく腹筋ができてきたように思います。
ゆるーい感じで筋トレはしているのですけど、やっぱりゆるい感じだと成果が出るまで時間が掛かって。

no image

回数券と引き替え

案の定。 やっぱり思ったとおりだったのだけれど。 この間、銭湯へ行ってきて。 それが意外と良くて。 いつも日帰り温泉ばかりを探し求めていた、わたしとしては。 あたらしい発見をした気分でした。 だから、 …

no image

言っているだけ

いつごろからか、SNSでやりとりが増えて、メッセージを受け取ったり、送ったりっていうのも増えた、写真家のナカムラさん。 一時期は、Yさん(仮)と呼んでいたけれど。それもなんだかなと思って。 限りなく本 …

no image

月曜日の代わりの日曜日

いつでもどこでも。
どんなときでも。
わたしのことを肯定して欲しいというわけではないですけれど。

no image

A君落ち込み中

ついこの間、ランチしてきたばかりのA君ですけど、あの日にはブログとかインターネットのことばかり話してました。 けど、本当は話したいことがあったみたいです。 それは。 春ごろからお付き合いしてた子と別れ …


わたしのことは、このブログでちょっとずつご紹介したいなと思います。
みなさんに伝えたいことや、内緒なことを書いていくつもりです。

コメント

アーカイブ