わたしの話

普段のこととか言いづらいことをブログに書き溜めたいと思います

  • にほんブログ村 大人の生活ブログへ

旦那さんの寝てる間に

投稿日:2017年9月15日

わたしも旦那さんも寝相が悪い方ではないと思うのだけど、たまに思いもしないところに寝てることがあります。

夜中、パッと気が付くと心当たりがないような方を向いていたり。

「あれ?」ってなるような向きだったり。。

疲れたのかな?とか思うのだけど、それ以上、原因を突き止めようとも思わないので、寝相が悪いってそのときに思うだけ。

夜中、寝ているときにわたしの方に旦那さんがぶつかりました。

強く当たったわけじゃないけれど、衝撃というか当たった具合で目が覚めて、旦那さんが寝ている間に手を伸ばしてわたしの肩か腕かを叩いたみたいです。

目が覚めて時計を見たらまだ朝にも早すぎる時間でした。
太陽も昇っていないし。

最近は、寝相が悪いってこともあまりなかったので、こんなふうに起こされるのがちょっと驚いたところもありました。

腕を押しのけて旦那さんを見てると、上を向いたまま、口を半分開けたような感じで寝てました。

暑くもないのに何も掛けずにシャツからお腹を出してそうな雰囲気で。

そういえば・・・・

って思って、旦那さんの足元に手を伸ばしてみました。

とても昔のこと、
「寝ている間になにしても良いよ」
って言われたことがあります。

まだ20代前半くらいだったのと、当時は旦那さんとはまだ知り合っていなかったのと。

そのときの彼に言われたことでした。

寝ている間に顔に落書きをしていいとか、そういうイタズラじゃなくて、触ってみて欲しいっていうことでした。

寝相の悪さでわたしを叩き起こした旦那さんは寝たまま。

パジャマのズボンの上から、足と足の間に触れてみました。

柔らかくて弾力がある感じの、まるでシャワーのホースみたいな感じでした。

起きてても、もともとわたしに対してはそういう興奮とかすることが無くなったみたいで、興味を示してくれることも少ないけれど。
やっぱり寝ていると何の反応も無いんだって思いました。

当たり前といえば当たり前なのかもしれないです。

しばらく眺めて。
もう一度寝ました。

朝、目が覚めたらいつもより遅い時間になっていて。
旦那さんだけ起きていて。

わたしが寝坊をしたのを何も言わず自分の準備をしてました。

★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

A君とのランチミーティング

連休の最終日、敬老の日はひとりでした。 旦那さんは仕事らしく、でも朝はけっこうノンビリと出かけていきました。 休日出勤だし、そういうときは朝は遅くて帰りは早いっていうのがだいたいのパターンです。 土曜 …

no image

手に握っていた大きいのを口に

この前のブログの続きです。
TTさんとのこと。
日帰り温泉へ行ってから。
ホテルへ連れられて。

no image

軽く触れられても深くまで挿し入れられても

月に1回くらいだとしても。もう何度も同じ時間を過ごしているので。

no image

相変わらずたまにしか見ていない

わたしがたまにしか見ていないSNS。
わたしが見ていても、見ていなくても。
相変わらずというか、ありがたいというか。

no image

昼間きた英語のセールス

友だちからの連絡とか。
友だちとは思っていないけれど、連絡先を知っている仲とか。


わたしのことは、このブログでちょっとずつご紹介したいなと思います。
みなさんに伝えたいことや、内緒なことを書いていくつもりです。

コメント

アーカイブ