わたしの話

普段のこととか言いづらいことをブログに書き溜めたいと思います

  • にほんブログ村 大人の生活ブログへ

キスの唇

投稿日:2017年9月28日

ものすごく昔。

まだまだキスというのがよく分からなかったころ。
ひとつひとつの接し方でものすごくドキドキとしていました。

手に触れること。
肩に触れられること。

唇を重ねること。

優しく押しつけるようなことなのか、それとも唇で挟むようなことなのか、、、

身を委ねながら、雰囲気や動きに酔ってました。

キスをするときのドキドキとした気持ちと、柔らかな感触が心地良くて、いつまでも止められなくて。

一度でも唇にその感触が残ると、またすぐにその唇を求めてしまいます。

何分も経っても。

おかげで唇には腫れたような感触が残って。
キスをしたあとは荒れたような気持ち悪さがありました。

リップクリームをバッグの中に入れて。

また唇を求めたくなったときには、時間を忘れるほどキスの感触を確かめました。

大人になって、唇同士が触れるだけではないキスも覚えて。
だんだんとドキドキとした気持ちも違うものに変わっていると思います。

ふと軽く触れただけの緊張感とか。

柔らかな感触だけを感じている時間とか。

慣れたっていうことではないと思うけれど。
昔みたいに、いつまでも・・っていう気持ちにはならなくなった気がします。

★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

  1. ojisan より:

    気持ちの入った
    長くて激しいkiss
    最高だよね

  2. たぁ より:

    キス、しばらくしてないなぁ。
    したいなぁ^^

  3. ゆう より:

    おねだりしてみてくださいね^^;

  4. たぁ より:

    離婚したから相手がいないの^^;
    キスって気持ちいいよね^ ^

  5. 吟遊詩人 より:

    輪かく‥ う〜ん‥

  6. ゆう より:

    そうだったんですね。。失礼しましたー。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

太ももから触れるたびに

先生はわたしのベルトを外してズボンを緩めました。
「今日はウチの服じゃないからね」
とズボンを膝の上まで下げました。
わたしは仰向けのまま先生の顔を見ていたのだけど、表情は真剣そのもので、わたしもふざけているわけじゃないから、もちろん先生にもふざけて欲しくはないけど。

お世話になっているA君と時々のこと

このブログにときどき書いているA君は、ふだんからとてもお世話になっています。
わたしが知らないこととか、分からないことを教えてくれる存在なのだけど。

no image

旦那さんは実家に

旦那さんは実家から仕事に通うようになりました。前に実家へ戻っていて、またうちに帰ってきたのだけれど。。どこかシックリこなかったのか、また実家へ戻っています。

no image

除草剤を追加投入

一昨日くらいに畑に除草剤を撒いて、家にストックしていた分が終わりました。
まだ撒き足りなくて、どうせ撒いたのだから完全に枯らすまで撒きたいと思いました。

お店の前に立っている

退屈なときとか。なんだかボンヤリしたい感じのときとか。 ひとを観察しているのもおもしろくて。 お店に出入りしていくひとを、ただ眺めてました。車の中で眺めていたり、ちょっと入口に近づいてみたりとか。 で …


わたしのことは、このブログでちょっとずつご紹介したいなと思います。
みなさんに伝えたいことや、内緒なことを書いていくつもりです。

コメント

アーカイブ