真夜中に会ったこと

良いことか悪いことかは置いておくとして・・・


良いことではないかな。。。

真夜中に出かけてきました。


行き先は隣の隣。

ひとつ街を越えて。

真っ暗な空と、街の灯りの中。

何ヶ月か前に登録していた出会い系サイトがあります。

おもしろいのかなと思って出来心というか、ちょっとした興味というか。
ほとんど放置していて、メッセージが届いても見に行くことも無くて。

たまに気になって、ちゃんと返事をしようとか、どういう人がいるのか見てみようとか。


でもまた放置して。


そんなことを繰り返してました。


出かけた先に待っていたのは、そんなサイトに登録していたひとりでした。

メッセージはとても丁寧で、気遣いのある雰囲気で。

しっかりと書いてあるプロフィールに安心感もありました。

わたしの途切れ途切れで、いつ返ってくるのか分からないようなメッセージでも、しっかりと待ってくれて。
返事もしてくれて。


そんなことがちょっと嬉しかったこともありました。


お互いの家は適度に離れています。


サイトを利用する目的は、人それぞれで。
プロフィールに書くことができるのだけど、わたしは「友人」という感じで書きました。


男性のプロフィールを見ると、だいたいは下心がある感じ。

表に出てるから下心っていうよりは、正直って感じもするけれど。

それはそれで安心感もある気がします。

隠されていないっていう。


真夜中に出かけるのは、あまり気持ちが良いことではないです。

家には旦那さんが寝ているし、黙って出かけるのは罪悪感もあるし、ましてや出かけるきっかけは。。。

待ち合わせは、コンビニの駐車場でした。
お互いにパッと見て気が付いて。


にやっとされて自己紹介して。


「どうしましょうか?」


って話をしながら、コンビニで缶コーヒーを買ってもらって。

特に行きたい場所があるわけでもないし、ちょっと顔を見るとか、声を交わすくらいで良いと思ってました。


風邪が肌寒い外で話していることもできなくて、相手に誘われるまま。
車の助手席に乗せてもらいました。


あんまり長話もしないで。
明るくなるまでには帰ってきています。

7
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

LEVEL3

関連記事

「真夜中に会ったこと」

コメントする


(公開されません)