宅急便の音

少し前から続けて書いているTTさんとのこと。

もうじき1ヶ月くらい経つのだけど、振り返ってみると、年末年始の忙しさや体調の悪さがあったせいか、ついこの間のことのようにも思います。


そんな感覚だからなのか、わたしにしては少し過激というか、細かくブログに書いていて。


ホントにそんなだったのかって分からないけれど。
ブログを書いているうちに、こうだった気がする・・・こうしてたと思う。

みたいに思い出して、長々と同じようなことばかり書いてます。


まだ最後まで書いていないから、書くことを忘れて放置しないうちに、、、続きを書いておこうなんて思ってます。

だけど、
そうやって振り返ってみると、やっぱりTTさんと会っていた時間は刺激的で。
思い出すのも振り返るのも簡単じゃないです。

昨夜も書いていたことの続き。

午前中からそんなことを思い出しながら、パソコンの前に座ってみたけれど。

いざブログを開いてって思うと、緊張感を高まるような気がして、少し戸惑うような、書き始められないような気持ちにもなります。


コーヒーを口に入れながら、ちょっとひと息付いたり。


ひとりで少しドキドキとしながら、書き始めるのだけど。
なかなか進まない。


そうこうしてたら、玄関のピンポンが鳴って宅急便が届きました。


誰もいない静かな家に響くピンポンは、ときどきビックリします。

物音がしない中で、わたしが生活しているだけの雰囲気の中に突然やってくるみたいで。


しかも無機質な機械の音。

自分ひとりの考えごとに浸っていたところを呼び出されて、
ちょっと音にビックリしながら、慌てて玄関へ行って、サインをして荷物を受け取りました。


届いたのは一昨日の夜に注文してたわたしの水筒。

長く保温ができるもので、寒くても外でお茶ができるって衝動買いしてました。


突然の宅急便で、わたし以外のひとの気配が漂ったような気がして。

考えごとや思いに耽っていたまま玄関に出てって、とぼけた顔をしていなかったかな。。


よくシャツの裾がハミ出てることがあるけれど、、
気にもする間もなく出てって、そんなふうになってなかったかな。

なんてあとで気になりました。


また元のように考えごとに戻るのは難しくて。

コーヒーを飲みながら、新年から仕事をちゃんとやろうって、しまっていた資料を出してきて。


だけど、パソコンの中で開いているのは、わたしのブログ。

とりあえず。。。

こんな風に、どっちにも関係の無いことをブログに書いてみて。

TTさんとのできごとを振り返ってみても。
ピンポンで現実に引き戻されても。

どっちにしても、ちょっと緊張感のある時間でした。

★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「宅急便の音」

コメント(3)

凄く刺激的な内容で興奮します。
たまにはそんなドキドキもいいね^ ^
ハァハァ( ゚д゚)

このコメントは秘密です

コメントする


(公開されません)