苺と久しぶりのひと

雨が降っていない日は、たいてい畑を見に行きます。
じっくり時間をかけて出かける日もあるし、チラッと見て帰る日もあるし。
そのときによっていろいろだけど。

雑草が生えたかとか。

枯れてばかりいる芽が、今日はどうなっているかとか。


でも、最近は苺が次々とできるので、それを取るのが大変になってきました。

そんなに広い場所に植えてあるわけじゃないけれど。


たぶん、広さを単位で表したら、1平方メートルとか。

そういう感じの広さにビッシリ。

ツルが伸びてて、もっと場所が広がっていきそうな勢いで。
花が咲いたあとの実もしっかり。

毎日5個10個と取って、家に持って帰って。
だんだんとそれが食べきれなくなってきて。

でも取らなきゃいけないだろうし。


特に何かしようって思って畑に行っているわけじゃないけれど、とりあえず苺だけは取ってる感じです。

今日も買い物のナイロン袋を持って苺を取って。


畑にしゃがみこんで、葉っぱの裏に隠れているのとか、土にまみれているのとか、注意深く探して取ってきました。

少し時間が掛かったせいか、そんなことをしているところに、旦那さんの友だちが通りかかりました。


ぱっと見たら、道路のところで車を停めて、窓から顔を出していて。

目が合って大声で挨拶してくれました。


半年ぶり?くらいだと思うけれど、久しぶりだったので、わたしもしゃがんだままだったけど挨拶をして。


わたしが葉っぱの下を覗き込んでいたのが不思議だったのか、「何をしてたの?」みたいなことを聞かれました。


袋に少しだけ入れていた苺を見せたら、笑ってくれました。
去年はぜんぜんならなかったし、旦那さんの友だちも、良く見に来ていて、きっとそれを覚えていたと思うし。


家にも食べきれずに余っているくらいだから、通りかかったついでに、今日の苺の収穫は、旦那さんの友だちに押しつけました。

家にある分は、生クリームを用意して、クレープみたいにして一気に消費しました。

きっと明日も苺ができていると思います。

2
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

LEVEL3

関連記事

「苺と久しぶりのひと」

コメントする


(公開されません)