襟元を引いて覗く胸元

日曜日だからのんびりしているとか、連休だからとか。
そういう曜日に関わらず、ダラダラとしているがわたしだと思います。

もちろん忙しいっていう日もあるし、そういうときに限ってイライラしてて、関わるひとに誰彼構わず不機嫌をぶつけてしまうのだけど。。


なかなか旦那さんと時間の合わない平日と週末。
それをつまらないと思ったり、退屈と思うことも懐かしいくらい。
そんなふうに思うことも意識しなくなったと思います。

曜日は分かっていないと不都合なことが多いから、今日が何曜日かくらいは覚えているけれど。


今日は旦那さんがいるから、「日曜日だったんだ」とか。
いないから平日?とか。。


最近は一緒に出かけることも減ったし、お互いに休みだからって、特に関係もないのかなとも思います。

でも、たまには出かけようかと思って、
朝のうちに
「温泉でも行く?」
って聞いてみました。

テレビを眺めたまま、しばらく唸って。


返事がないのを黙って見つめて。

たぶん気が進まないのだろうなって思ったから、
「ひとりで行ってこようかな」
と伝えて、わたしだけで出かけました。


ひとりで出かけようと思ったけど、実際、ひとりで外に出ると退屈で。

準備もしたかったから、声を掛けて誘った時間も早くて、出かけるにしても時間が早くて。

どこかお店に入るにしても、まだ開店って感じじゃなかったし。


いちおう温泉へ行く手荷物だけ。
後ろの座席に置いて、コンビニの駐車場で友だちに声を掛けてみました。


日曜日の急な連絡に答えられるひとは限られてて、答えてくれても誘いに応じられるところまでは無理で。


やっぱりひとりで行こうか、引き返そうかって思いながら、連絡が取れて時間を作ってくれそうなのはTTさんでした。

TTさんとは2週間くらい前に会ってました。

毎日、連絡を交わすような感じでは無いけれど、なにか興味があることに触れたとき、ヒマを持て余したときに、なんとなく連絡をしてみようと思ったり、きていた連絡に答えてみようと思ったり。
ちょうど2・3日前に温泉のことで話題を振られていたところでした。

前に会ったときは、忙しい中で時間を作ってもらっていたこともあって、ゆっくりと話をしてって雰囲気でもなかったです。
ランチをしようって決めていたのに、どこに行って何を食べるのか決められないまま。
お互いに優柔不断な時間を過ごしてしまいました。


お昼ご飯をしながら、おしゃべりでもして。
忙しい時間なのだから。。。

そう思っていたのに、ご飯が決められないばかりに、陽射しが暑い中で車を停めたまま。


「ご飯どうしよう」
迷ったままのわたしに、
「こっちの方が気になる」
と言ったTTさんが、服を引っ張って、少し襟元が開けました。

引っ張った手を見ると、胸元がチラリと見えて、TTさんはランチよりも違う過ごし方をしたいのかって思いました。

わたしの服を引っ張る手を取って、TTさんの膝の上に置いて。
「お昼ご飯、気になりますよね」
って話しを戻して。


TTさんは「そうだね」って頷いてくれるけれど、膝に置いていた手はおとなしくしてなくて、わたしの髪や肩に触れてました。

わたしの髪を指に巻くみたいにクルクルしながら、肩に触れた指先が、首から耳元にスッと移動して、そのまま耳を摘まむようにして。

強弱を付けながら、耳に触れる指が心地良くて。
その手に頬を寄せるようにしてました。

するとTTさんは反対側の頬にそっとキスをしてくれました。

とても優しい感触で、パッと目を開けたら、TTさんの顔が間近にあって。
その近さに驚いて、少しのけぞったところを、笑われて。

笑顔のまま、唇にキスをされて。


わたしが話そうとする口を塞がれたようで、思わず息を飲んでしまうようでした。

2度3度、唇を離したり、くっつけたり。


それからわたしの唇を広げるようにして、TTさんの舌先が口の中に入ってきました。

口の中に入ってくる舌をそのまま受け入れて。


しばらくしたあと、TTさんはわたしの顔を離しました。

わたしもそれに従って、少し離れて。


TTさんはわたしの襟元をそっと引いて、わたしの胸元を覗き込みました。


服の上から胸に触れて、手のひらに握られた形になるのを覗いたまま。


5
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

LEVEL3

関連記事

「襟元を引いて覗く胸元」

TTさんとのことを見る

コメントする


(公開されません)