お昼に出かけた時間のこと

なんとなく家にいて落ち着かない気がしていたので、朝、早いうちから連絡をしていました。


どこか行こうかなとか。
行った先でどうしようかなとか。

そういう思いつきも無かったのだけど。
ただ家にジッとしている気にならなくて。


誰に連絡をしたら良いんだろう。。。


なんて思いながら、じっとパソコンを眺めたり。

パソコンから目を離して。


家の中で立ったままスマホを眺めていたり。


何にも思いつかないのだけど。
連絡が取りやすかったのはTTさんでした。

友だちもいるし、連絡がしやすいひとなんて他にもいるし。

だけど、ヒマだからって言いづらいのか、ヒマじゃなくても相手して欲しいって言いづらいのか。。。

わたしもどうしてっていうのが分からないけれど。


でも、どこか出かけて、できればひとりじゃなくて。


そのときに同じ時間を過ごせそうなのは。。。

連絡をしたら、すぐには返事が無くて。
平日だし、仕事してるだろうし。

そんなに調子が良いこともないと思うし。


やっぱりと思って、友だちにも何人か連絡をしてみて。


みんな都合が合うっていわれたら、逆にお断りしなきゃならないかも・・・
そんなことをしてて、本当に落ち着きがないというか。

友だちは、なかなか返事がないひとと、すぐに返事があるひとと。

「ダメ」っていうのと、「明日なら良い」っていうのと。。

しばらくしてから、TTさんから返事がありました。


お昼なら良いっていう内容で、時間は短くても、出かけられる予定ができるのが嬉しく感じて、都合を合わせてもらえるようお願いしました。

家にいるのが落ち着かなかったから、時間が早いつもりで、準備をして。

待ち合わせはいつもの駐車場じゃなくて。
その近くにあるファミレス。


前にランチをしようっていう約束をしたけれど、結局、どこにも入れなかった経験を活かして。
もうお店で待ち合わせをすれば間違いないっていう感じ。


先にお店に入ってドリンクバーをお願いして。
あとはスマホを覗きながらTTさんが来るのを待って。


だんだんとお客さんが入ってくるのを、わたしは悠々と席に座って待ってました。
なんだか優雅な感じがして、これはこれで楽しいというか。
こんなのも良いなって思いました。


TTさんはちょっとだけ早めに来てくれました。

わたしは時間に余裕があったから、どっちでも良かったのだけど、気を遣ってくれたみたいで。

席に着いてすぐにメニューを見て、わたしにもメニューを薦めて、注文をして。


それまでの優雅って思ってたのが、現実的な時間に戻されたような感じ。

でもわがままに付き合ってもらっているのはありがたくて。


特に何か話すこともないし。

聞きたいことがあるわけでもないし。


おたがいに近況や、気になってることとか、目についたこととか。
気が向くままにおしゃべりをして。


おしゃべりに飽きたらお店を出て。

仕事の合間を縫ってでてきてもらって。

わるいなっていう思いもしながら。
なのにランチのお代は払ってもらってしまって。

話しの続きをしながら、ふたりで歩きながら駐車場へ戻って。


ちょっと歩く速さものんびりな感じ。
仕事の時間もあるって気になるけど。

それも少し心地いい感じがして。

本当に時間を作ってくれたことがありがたいって思ってて。


車の前に来たとき、バイバイと言いたいところだけど。

うれしかったのと、ありがたかったのと、あって。
ちょっと名残惜しい感じがしていて。

勝手に助手席のドアを開けて、TTさんの車に乗って。

TTさんの頬に軽くキスをしてあげました。

誰かの目にはつくかもしれないけど、車の中だし、そうならないと思って。


TTさんは驚いた顔をしていたけれど、すぐに喜んで笑ってくれて。

わたしは頬にキスをしたけれど。
TTさんはわたしの唇に返してくれて。


唇を重ねているあいだ、TTさんが触れている胸の感触は強くて。

だけどそれがとても刺激的で、ドキドキが収まらないような時間に変わりました。


4
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「お昼に出かけた時間のこと」

TTさんとのことを見る

コメント(1)

久しぶりのドキドキでした笑^ ^

コメントする


(公開されません)