足の間の深くまで

あのとき。

TTさんとのこと。


わたしの膝の間に、体を割り込ませて。


太股に頬を滑らせるみたいに。

わたしの腰に手を回して、抱えるようにしながら。

太股に挟まれながら、唇を押しつけたり、やさしく噛みついたり。


その日に着ていったスカートは、TTさんが体を割り込ませるものだから。
膝から上へ捲れて。

わたしの太股を露わにしてました。


両方の太股を、代わる代わる唇でなぞって。


膝から内側をゆっくりと。


スカートを捲るのはとても簡単なので、TTさんが顔で押し上げれば、すぐにずれてしまいます。


なんとなく、、

捲れ上がるのを抑えようとすると、わたしを抱えていた手で、わたしの手を抑えようとして。

それでも。
わたしも抑えようとして。


強く抵抗しているわけじゃないけれど、TTさんの為すがままというわけでもなくて。

太股に擦り寄っているのはそのままでも。

服が乱れていくのは、直したい気分。。。

でも、それを止められているみたいに、手も抑えられるような。

ほんの数秒だけど、そんなことを繰り返して。

TTさんが諦めたのか、、、

わたしは、TTさんのすぐ目の前までだけど、スカートを直しました。


そうしたら、TTさんは、自分の目の前にあるスカートを、まるでかぶるみたいにして。

それまでもっと身を乗り出すようにしていました。

捲られたスカートは、TTさんの顔で持ち上げられてて。

きっと。。。

目の前には。。。

TTさんはスカートを顔に乗せたまま。
ぐっとわたしに近づきました。


鼻か、何かが触れました。


足の間の深くまで、TTさんが顔を近づけて。


太股の間に唇を押しつけました。

わたしは足でTTさんを挟むようにしてて、TTさんはそれをグイッと体で押してくるみたいで。

TTさんの押しつけた唇が、下着に沿うように、顔を上へ下へと動かしながら。
押しつけられた柔らかい感触が、ちょっとずつ刺激に変わって。


顔を挟んでいた太股は汗ばむようでした。


★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「足の間の深くまで」

TTさんとのことを見る

コメントする


(公開されません)