いきなりだったけど時間を作ってもらって

夕方の駐車場で、TTさんと待ち合わせて。
わたしは、モヤモヤしていたことを、ぜんぶ話したくて。

いきなりだったけど時間を作ってもらって。


どうして、急な連絡をしたのかも、察してもらっていて、最初に謝ってくれたけれど。


だからって、言わないと気が済まなかったし。


ひとつひとつの、わたしの言葉に対して。
ゆっくりと話を聞いてもらって。

わたしが気に入らないと思っていたことは、ひとつずつ謝ってもらって。


なんだかわたしが偉そうな感じにも思うけれど。
だけど、約束したことと大事にしたいことは守りたくて。


だから謝ってもらったのは、話しを聞いてもらったって意味と、気に留めてくれるという、わたしに対しての約束をしてくれたのかなと思っています。

わたしもテンションが低くて、いつもより声も低くて。
話す速さも言葉を選びながらゆっくりだったと思います。


たぶん30分くらい。


「もう大丈夫?」
というTTさんの言葉に、少し考えてから頷いて。

「大丈夫」
と返事をして。


それから、もう一度、謝られて。


「怒られてもう終わるかと思った」という言葉を、TTさんから聞いて、わたしもそうしようと思ってたことを伝えて。


同じことを思っていたことに驚かれたのか、その言葉が出たことに驚かれたのか。。。

TTさんは、パッとわたしの方を見て、
「そうだったの!?」
と大きな声を出して。


わたしも頷いて。

「そんなつもりなら、メールやSNSで言えば良いのに」と言われました。


もともとそこから始まったやりとりで、もう関係の無い間柄なら、お互いに無理して時間を作る必要もないし。
そう言いたかったみたいでした。

「そういう思っているのなら、ここに来たりしたらダメだよ」


そう言ったTTさんはとても落ち着いた感じで。
わたしも
「そうだね」
と答えるだけ。


うつむいていたわたしを覗き込むように、
「わかった?」
念を押すように言われて。

頷いて。

覗き込むようにしたまま、顔を近づけて。
わたしの唇に自分の唇を当てて。

下を向いていたのを、唇で起こされるように。


上を向いてしまったわたしに、強く強く唇を押し当てて。
隣の座席にいるのに、肩に手を回して、強く力を込めて。


唇から、頬、耳元へ、TTさんの唇は移っていきます。

やさしく唇で咬むようにして、わたしの耳を舌で撫でました。


くすぐったくて肩をすくめると、丸めた背中を元に戻すように、TTさんの右手が、わたしの左胸に触れました。


胸を鷲づかみにしたまま、体を開くように座席に抑えるようにして。

耳からの刺激に、体中がゾクゾクと感じて。


掴まれたままの胸は、TTさんの手の力で少し息苦しいくらい。


左の胸を掴んでいた手は、力を込めたり、緩めたりを繰り返しながら、左の胸と右の胸を行き来していました。

ときどきの胸の先端に触れて。
緊張感が高まって、呼吸も荒くなっていくみたい。


片方の手で、TTさんに触れると体が熱くて。
ちょっとポヨンとしたお腹と、もうちょっと下には、もっと熱くなってるのがあって。

すこし指先に触れただけで、TTさんも体が動いてしまうような。。。
そんな雰囲気でした。

8
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「いきなりだったけど時間を作ってもらって」

TTさんとのことを見る

コメント(2)

このコメントは秘密です

いつも楽しみにしています。
これからも頑張ってください❗

コメントする


(公開されません)