着ていた服を捲るように

着ていた服を捲るように

去年、年末ごろのことですけど。

わたしは、日ごろ溜まっていたことを発散したくて。

そのモヤモヤをぶつけたくて、TTさんとの時間を作ってもらいました。


もう1年以上。
きっと2年くらいにはなっていくのかなと思っているTTさんとの関係。

決して良い関係じゃないし、むしろ、早く終わりにしてしまった方が良いと思っているくらい。


その方がお互いにとって良いことだと思うことも良くあります。


そもそも、最初は非日常的な時間を、少しだけ過ごしたいってだけだったし。
それ以上も、そこから長い付き合いになるとも、なろうとも思っていませんでした。


だから、よけいにモヤモヤとした気持ちになるのかも。。。と思います。

時間を作ってもらって、わたしがその鬱憤を話して。
ちゃんと理解をしてくれたのか分からないけれど、でも謝ってくれたところと、頷いてくれたところとあって。


もうこれで終わりって思っていたところもあったし、TTさんも話しを聞いて終わりって思ったらしくて。


本当に終わりだと思っているのなら、また時間を会う時間を作ってしまったらダメだって諭されました。


もう、これ以上は長く続くことのない関係なら、そのまま捨ててしまった方が良いってことだと思います。
わざわざ会ってまで話すのでは無くて、メールとかでそのまま切り捨てて。


だから「会いに来たらダメだ」と言われて、わたしもそうだということを理解しました。


会ってしまえば、感情とは別の、今までの関係のところで。
体を繋げてしまうって分かってました。


迫ってきた唇を避けることもなく、今までと同じように迎えて。

何ごともなかったように、唇を重ねて。


ついさっき、勝手で暗い話をしたばかりなのに。

それが分かってもらえたっていう安心感なのか。。。
それとも、唇の感触を覚えている安心感なのか分からないですけど。

でも、下を向いていた顔を、上に向かせるようにして、唇を押し当ててくるのを受け入れました。

唇や頬に唇が触れて、わたしの耳を咬むようにして。


胸を鷲づかみにして。

TTさんは胸に触れたまま、力を込めたり緩めたり。
下着の上から、手のひらで胸の形を変えてました。

舌で耳を撫でるようにしながら、両方の胸を掴んでは、左から右へ、右から左へ移動して。


ときどき、胸の先端に触れる感触が、下着の上からでも感じられて、わたしの緊張感は高まりました。


覆いかぶさってくるようにするTTさんの体は熱くて、お腹の下には大きく熱くなっているのがあって。
ちょっと触れただけなのに、TTさんは大きく体を動かして。

着ていた服を捲るように、TTさんの手が服の中へと入って。
下着をずらすように、服の中で胸の先端を露出させました。

指先で弾かれたり、力を込めて指に挟まれたり・・

TTさんの熱くなっているのと同じように、わたしも熱くなっているのを感じました。

薄暗くなった車の中でのできごと。

それ以上のことは、暗くなってきても、車の中では憚られて。


街の灯りとか、看板のライトとか。

「ちょっと待って」
と、止めてもらおうとしたけれど。

胸に触れていた手を、服から引き出したけれど。


引き出した手で、足の間を強く押すから。
指を押しつけるようにしてくるから。

それ以上、止めることもできないような、思わず抵抗することも忘れてしまうような。。。。


5
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「着ていた服を捲るように」

TTさんとのことを見る

コメントする


(公開されません)