太股の間に指を押しつけるように

あの日。
TTさんと待ち合わせた、年末に近かった夕暮れの時間。


わたしはTTさんと唇を重ねながら、激しく揉まれている胸への感覚と。
この時間は、そういうつもりではなかったという思いと。
でもそうなってしまえば、逆らうこともできないで、いつものように身を任せてしまうのと。


強い力で少し乱暴で、思い返せば、わたしの肌に爪痕でも残そうとしていたのかと言いたいくらい。
左へ右へ、鷲づかみの手を動かしながら。

そんなことも心地良いような感じもしました。


暗くなっていく車の中でのできごと。


さすがに、それ以上は・・・という気持ちもあって。
服の中に差し入れられた手を引き抜きました。


でも、耳や首元を撫でるようにする舌の刺激と、引き抜いた手は、わたしの太股の間に置かれて、指を押しつけるようにして、刺激する場所を変えてきます。

ズボン越しでも、指先が大切なところをグイグイと押してきて。
緊張感とで体が熱くなっていたこともあって、それ以上の抵抗もできなくて。


力で負けてしまうからというよりも、TTさんの手癖に負けてしまって・・・
というような。

でもそれ以上はやっぱり・・・という思いがあって。
TTさんへ「後ろの座席へ行きたい」と伝えました。


彼がそれ以上、どうしたいのか分からなかったけれど。
わたしがそう言ったことには頷いてくれて。


ふたりで前の座席からドアを開けて、後ろの座席へ行って。

座席をスライドさせて広くして。


腰掛けるTTさんの膝に潜り込みました。

目の前には、TTさんのズボンを膨らませているのがあって。
チャックを開けて、そこに手を入れると、中はもう大きく固くて。

見上げると、わたしの行動を黙って見ているTTさんがいて。


チャックの中からTTさんのを出してあげて、強く握りながら擦ると、すぐヌルヌルした感触になりました。

TTさんは、わたしの髪を撫でるようにして、ちょっとずつだけど、顔を近づけて欲しいみたいに力を込めるので、そのまま唇を押しつけました。

先の方から出てる粘液の感じ。


舌を尖らせて下から上へ、アイスクリームを舐めるみたいにして。


わたしのヨダレと、TTさんので、もしかしたらズボンが汚れてしまうかもしれないけれど。
そんなことも気にしたくないような雰囲気でした。

服の中でズラされていた下着はそのままで、わたしは服を捲りました。


膝で、TTさんのを手で遊びながら。

服を捲って自分の胸を露出して。


そのまま、TTさんのに押しつけたら、すごく喜ばれて。
「気持ちが良い」って・・・


挟み込めるほどじゃないけれど。。。


わたしの胸に押し当てるようにしながら、擦っていると、ますます固くなっていくみたい。


ヌルヌルしたのが、どんどんと溢れて、どんどん擦りやすくなって。


すごく固くなったと思ったら、たくさんのヌルヌルが飛び出して。

暗くなった車の中のどこかに行きました。


すっかり脱力して、だけど、まだ固いままのTTさん。

もう少し触れようとすると、手で遮られて。
チャックの中に仕舞われました。


あのヌルヌルがどこへ行ったか確かめなかったけれど。
わたしの服には付いていなかったみたいでした。

8
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「太股の間に指を押しつけるように」

TTさんとのことを見る

コメント(5)

このコメントは秘密です

ペロペロされたい!
ペロペロしたい!

たまに妄想します。
女性の口を見ると。
色んななものを
舐めているのだと。

コメントする


(公開されません)