昔のことの焼きまわし

昔の話しの振り返りなのだけど。。。

ブログに書くようなできごとが思い当たらないというか。
特に何もない日だなって思ったからっていうのもあるけれど。


このブログに書いたことを、あえてまた書き直してみようかなと。。。。

見てくれるひとにとっては、知ってることとか。
もうどうでも良いこととかあると思うけれど。。。


ずっとずっと前のこと。


ヨシさん(仮名)というひとがいました。

そのひとは、別に知り合いでもないし、なんの接点もないひとで。

別に関わり合いになるようなひとでもなかったのだけど。

ふとしたことから、接点を持ちました。

あまり積極的ではないと自分では思っています。
もともとの性格は。。。

最近というか、ここ2・3年になってから、変に意識することが多くなったというか。
そういう気になることがあるというか。。。
その辺はうまく言葉にもならないのだけど。


あまり男の人との出会いや、関係を作ることには興味がなかったと思っています。


だけどヨシさんは、自分のことを確かめたかったこともあって。
わたしから声を掛けて。

会話をしようとして。


それからどういう関係になっていくか試してみたかったというか。
少し積極的にしてみたくなっていました。


昔の記憶のことだから。
それをブログに書こうとすると、雰囲気を伝えたくて、本当にそうだったのかな?というような、話しの内容とか、手の動きとか。
もしかしたら、本当のこととは少し違って書いていることもあるとは思うけれど。。

でもたぶん、そんな気持ち、そんな雰囲気だったっていう。。。
それが文字で伝われば良いのかなっていうつもりで。


わたしがヨシさんと知り合ったときのことは、そんな記憶の中から思い出してブログに書いてました。

家から離れたところにある海。
そこの防波堤というのか、コンクリートで突き出たところで、何人か釣りをしている人がいて。
ヨシさんはそのなかのひとりでした。


本気っぽい格好の人たちに混じって、とてもラフで気軽な様子で釣っていたひと。
挨拶をするかんじで声をかけて、すぐに意気投合したり、気が合う感じではありませんでした。

釣った魚をクーラーボックスに入れているのを見せてもらったり。。。。
別に魚に興味があったわけじゃないけれど。。。

しつこく話しをしているうちに、ちょっとずつ話しが続くようになって。


わたしが帰ろうとするころには、クーラーボックスの中から、魚を分けてくれようとするくらいでした。
それをお断りすると、もう少し話しを聞いてくれるような感じで、お茶かランチの声を掛けてくれたので、わたしはそのお誘いに甘えることにしました。

ただ、釣り中は魚を見たり、海を見たりで話題もあったけれど。
それがご飯を目の前にしてしまうと、特に話題もなくて、それ以上話すこともなくて。

でも、わたしはせっかくのことだったので、場所を変えようという提案をして、ヨシさんもそれに賛成をしてくれました。

「どこか行きますか?」
って。

別に行きたいところもなくて、別のお店に行くわけでもなくて、ただ初対面のひとと車に乗ってて。
行くアテもなく海を眺めてて。


お互いに話すこともなくて、緊張していたのだと思うけれど。
無言の時間が長くなって、わたしは自然とシートベルトを握ってました。


そのとき、シートベルトが締め付けていて、少し強調してしまった胸を、ヨシさんはしっかりと見ていて。


だったら、、、

そのときにモヤモヤしていた気持ちと。
複雑な感情があって。

もう少し、試してみようか。。。というような。


見られていたのなら。。。

5
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「昔のことの焼きまわし」

コメント(2)

このコメントは秘密です

このコメントは秘密です

コメントする


(公開されません)