西さんとの昔のこと

西さんとの昔のこと

昔からの腐れ縁で、なかなか縁が切れないでいるひと。

知り合いのひとりでしかないのだけど。
その知り合いは、知り合いっていうだけなのに、もう何年何年も。
なかなか付き合いが切れないでいます。


西さんというそのひとは、
もともとは学生だったころのわたしが、アルバイト先で知り合ったひとでした。

ランチにきて、食べ終わってもおしゃべりを続けているようなひとで、長々とお店でくつろいでいて。
オーナーもおしゃべりだったから、バイトでもおしゃべりの仲間に入ることもあって。


アットホームという言い方が正しいのかなと思います。

そんな雰囲気の中で、西さんとはいつの間にか会話をするようになって、あっという間に10年以上も経ちました。


メールの交換もしていて、バイトを辞めてからも連絡を取ったり、何か相談をしたり。
20歳以上も離れている年齢と、それなりの立場で落ち着きもお金もあったのが、わたしには話しやすいこともありました。


家から出てひとり暮らしをするとき、アパートを探してもらったり。
食べものをもらったり。

車を探してもらったり。
整備やメンテナンスも。


友だちが困っていれば。同じようにお願いもできました。

結婚する前くらいから、少しずつ疎遠になりはじめて、少し間が空いたこともあって。
でも、突然連絡があったり、縁が切れることもなくて。。。


あるとき、わたしは旦那さんと大げんかをしました。
これまでに無いような激しいケンカで。
たくさんの汚い言葉と、大きな声と。

旦那さんにぶつけたり、旦那さんから浴びせられたり。

もうこの家には居場所がない気持ちになって。


夜だったけれど家を出て、ケータイの電池も手持ちのお金も少なくて。


あてもなく街をさまよって。


そんなとき、少しお酒の入った西さんとバッタリ会いました。

ふだんとは違っていたわたしの様子をすぐに察して、わけを聞いてくれて。
家に帰そうとしてくれたけれど、帰るような気持ちにもなれなくて。

西さんは、わたしがそう言うのを聞いて、自分の会社に泊めてくれるとタクシーに案内をしてくれて。

だけど、会社に泊めてもらうと決めたことで、考えもしていなかった過ごし方をすることになりました。


暗くて誰もいない会社の電気を付けて。
ケンカのワケや顛末を話して。

西さんは、それを聞いて頷いてくれて。


それから、どうしたら良いかを、西さんは自分なりの言葉と解釈で話しました。


話しを聞いてもらって素直な気持ちになっていたのか、まだ冷静でいられなかったのか、、、

西さんの言うことを、そのまま言葉のとおり受け取って、言われるがまま。

わたしは着ていた服をはだけて。
前かがみになるような姿勢をとって。


ボタンのはだけた胸元から、西さんにブラジャーが見えるような姿勢で。


見えると言われて、ボタンを締めようとしたところで、胸に触れられて。。。。


言いくるめられるように、もう触れない代わりに、もう一度、胸元を見せるようなことになって。

着ていたシャツのボタンを外しました。

そのとき。
西さんはわたしの肩を掴んで、襟を開いて、服を引き下ろしました。


着ていたシャツは腰まで下ろされて、ブラジャーだけになって。


腰まで下ろされた服は、手首のところで丸められて、わたしに手を押さえているみたいになっていました。


西さんは、ブラジャーの紐を肩から外しました。
後ろに手を回してホックも外して、西さんはわたしを裸にしました。


手首を押さえたまま。

胸に触れて。

撫でるようにしたり、掴むようにしたり・・・

親指が胸の尖端に触れたとき、強い衝撃のようなドキッとしたものがありました。


もう声も息も止められないような。

9
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「西さんとの昔のこと」

西さんとのことを見る

コメント(2)

ただ、ただ綺麗ですね、ゆうさん

コメントする


(公開されません)