こんな夜

眠りたいと思っているのに。
眠ることができない夜。


こんなときのブログを埋めてくれる。
そんなコメントを頂けますか?


今日見られなくても、明日や明後日は見られると思うので。


長い思い出話でも。
とりとめのないことでも。
ひとことだけでも。
誰にも言ったことのないことでも。

3
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「こんな夜」

コメント(9)

このコメントは秘密です

私は既婚。
職場の部下(未婚40歳)を好きに
なってしまいました。

イロイロなエッチなブログを見るのが好きです。
そして一人で興奮しています。
今まで、いろいろなブログの女性たちが、私の想像の中で抱かれています。
もちろんあなたも。

どっちも古くてスミマセン。
眠れない夜・・・というと、自分は「眠れぬ夜のために」という映画を思い出します。
内容は・・・、wikiからの引用で失礼
「行きずりの女を助けたばかりに国際的陰謀に巻き込まれる不眠症の男の冒険を描いたサスペンス・コメディ」です。
普通の人が、ふとしきっかけで大きな事件に巻き込まれて・・・というシチュエーションが好きな方にはオススメです。
あとは歌だとTOM CAT のLOVE SONG ですかね。
「夜の帳の中、まだ眠れない」・・・で始まる、たぶん初恋の歌。
そのくせ、「空しく争う幾億の愛」とか「思えば無駄なエネルギー」「だれもすきになりたくない」等々
ちょっとひねくれた少年少女時代を過ごした方には、今でもストライクな曲だと思います。
・・・・・こんな感じのお話でもよろしいですか?

英会話を習っていた外国人の先生が仕事を辞めて帰国するときに、私たち夫婦は先生と仲が良かったので、主人のアイディアで私が1日思いで作りにデートをしてあげることにしました。食事や名所を巡りとても喜んでくれました。
主人への報告はここまでなんですが、本当は別れ際に口説かれてもっと深い思い出を先生にあげました。これは私と先生の二人だけの秘密です。

新婚のころ(昔々の話)
住んでいたアパートの隣に同世代の
新婚さんが引っ越してきて嫁どうしが
仲良くなり部屋を行き来するようになり
ふとした事から家での飲み会の夜
寝ている嫁の隣で隣の嫁に口で抜いて
もらったのは懐かしい思い出デス

俺は22,3の頃に友達の嫁さんと付き合いはじめて、元々そんなに人をガッツリ好きにはならないのにその時だけは変にハマって・・

土曜日の夕方から彼女に会って、土曜日の夜中まで一緒で、日曜日には友達(旦那)と1日中遊んでるっていう事をしてました

友達(旦那)は俺と嫁さんの関係に気づいてたみたいですけど、目をつぶってくれてたようで、今となっては会わす顔がないです

それでも必要な経験だったと今は思います

若かったころ、年上の人妻を寝取りました。
浮気を繰り返し、離婚することも頭にあった人なので、僕と一夜を共にすることは容易なことだったと思います。
何度も会い、何度も通じ、付き合って半年ほど経ったころに、彼女は離婚をして、お互いに独身になりました。
それから何年か付き合いは続きましたが、だんだんと結婚が視野に入ってくる僕と、2度と結婚生活をしたくない彼女との間に擦れ違いが生まれ、別れてしまいました。
でも気持ちは当時の思い出と共に大切に持ち続け、それを隠しながら生活しています。

20年くらい前、ネットはいまほどポピュラーなものではなかった頃。出合い系は伝言ダイヤルやツーショット電話が全盛でした。ちょっと、ハマっていました。地方都市に住んでいたので、実際に会うまでは勇気が必要でした。話だけ、テレフォンセックスだけの関係からなかなか踏み出せなかった。そんな、少し引き気味な私に積極的に会おうと誘ってくる女性も何人か現れました。ガツガツしてない感じが良かったのかも知れません。人妻さんやエッチを楽しんでいる女性が多い中、印象的だったのが、高校生だったK子でした。K子は伝言で遊び始めて何人かと付き合っていたようですが、かなり無防備で危うい子でした。大人に弱く、押しなも弱く断れない感じで、遊び相手に惚れてしまって良いように遊ばれている感じでした。弄んだ大人はすぐに去っていってもそれを引きずっていたりしてましたね。そんなK子の話をよく聞いて付き合っていた私にも会いたがってきました。しばらくは、電話だけの付き合いでしたが、私はK子がステージに立ったりすることを聞いて一方的に姿を見ていました。2年くらいそんな付き合い?をしていて、高校を卒業して都会に出て行くことになったのでそろそろ会ってもいいかなと思ったのもつかの間、同世代の男の子と付き合いあっという間に、そういう会ったらエッチするような付き合いはしないよという考えに変わったようでした。私とは遠距離になってしまったので会わずじまいでした。さて、K子が会いたいなと考えていた時に会っていればJKとの経験を積むということができていたんだなと思い返します。さて、どっちが良かったかは分かりません。人生は選択が続いて今があります。通らなかった道は未知なまま。人生が二度あれば違う道も歩めたかもしれませんが悔いはありません。

コメントする


(公開されません)