裾から手を差し込むので

ハーフパンツの裾から、TTさんが手を差し込むので、わたしはその感触で緊張してました。

車の助手席に座ったまま。


TTさんの右手が、わたしの太ももを上へ下へ。


裾の中に手が差し入れられるたびに、指先が足の付け根に触れます。


昨日ほど暑くはないけれど。
蒸しているわけでもないけれど。

体温が高くなって、汗をかきそうなくらい。

太ももからゆっくりと、裾の中に指が入れられて。


足の付け根では、その指先が少し動かされるみたい。

力を込めずに、引っ掻くような動きで。


待ち合わせは、誰が来るかも分からないような駐車場だし。

そんな場所でのことには、抵抗もあって。
差し入れられた感触には抵抗しきれないけれど、場所を移ってもらうようにお願いをしました。


TTさんは車を動かしてくれたのだけど。
行き先は、同じ駐車場の中の、少し建物の影になりそうなところ。

車は建物の方を向いているから、誰かと目が合うとかはなさそうだけれど。
わたしにしてみれば、どっちも対して変わらない雰囲気でした。


そこで、足に手を置くTTさんを見て
「え?」っていう感じに言葉にもできないような声を出したら、
「あまり時間が無いから」みたいな返事で。。。


反論もしないうちに、手はハーフパンツの裾から手を入れてきました。


ついさっきは足の付け根を引っ掻くようにして触れていた指先が、付け根から下着に触れ、押すようにしてわたしの足の間に触れてきます。

足を閉じようとしていたのだけど、足を閉じると、手を足で挟んでしまう形になって。
TTさんは足の間で、手を動かそうとします。

足の間で、体に沿うように指を動かされると、下着の上からだけど、指が埋められるようで。


一番刺激が強いところに指先が当たって。

足を閉じてもいられなくて。

足を開くと、指でぎゅっと押してくる感じで。


お尻の方まで指先が届きそうなくらいに。
TTさんは前後に指を動かします。

ハーフパンツだったけれど。

太股もほとんど捲れてしまっていました。

TTさんの方を見ると、座っているズボンの真ん中が膨らんでて。
想像をしなくても、もうどうなっているか分かるような形でした。


わたしが手を置くと、TTさんも体温が高くて。
もう片方の手で、ズボンのチャックを開けて、わたしの手をその中へ誘いました。


TTさんのパンツの上からだけど、大きくなっているのに触れて、ギュッと握ったりして固さを確かめます。
いつも不思議なのは、固いのに弾力があるっていう感じで、ゴムか何かでできているみたい。

それで、握って上下に擦ると、すごく熱くなっていってて。

わたしはぎゅっと握ったまま擦るようにしてました。
すると、TTさんは下着の上から指を押し当てていたのに、今度は下着の裾から指を入れてきました。


直接、わたしに触れるような。。。

わたしの形に沿って指先が触れるような。。。

溜息も声も止められないような刺激で、それまで握っていたTTさんのを、もっと強く握って、もっと早く擦りました。


そうしたら。

「あ!」

とTTさんが言って。


TTさんの履いていたパンツがびしょびしょで、ヌルヌルした感じになってました。


生温かいような、、、

でも肌に触れていないところは冷たく濡らしてしまったような、、、、


ズボンには染みになっていないと思うけれど。

脱いでいなかったので、もしかしたら、どこかが染みてしまったかも、、、と。。。


わたしに触れていた指先は、そっと自分のところへ戻されて。


それまで感じていた刺激は、あっという間にいなくなりました。

車の中にあったティッシュをあてがって、苦笑いと「ごめん」って言ってばかりのTTさん。


わたしも申し訳ないような気持ちで。

ついさっきのような気持ちはどこかへ行きました。

なんだかいろいろと中途半端で。
時間も。
話しもそんなにはしなかったし。


忙しそうなのに時間を作ってくれたのだけでも、良いのかなと思いました。


ふたりだけの車の中で、少しTTさんは疲れたみたいに、シートに寄りかかってました。
わたしは話しかけて良いのか分からなくて、黙って外を見たり、スマホを見たり。


ただ、なんだか中途半端な気持ちなまま。

5
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「裾から手を差し込むので」

TTさんとのことを見る

コメント(1)

このコメントは秘密です

コメントする


(公開されません)