わたしの話

普段のこととか言いづらいことをブログに書き溜めたいと思います

にほんブログ村 大人の生活ブログへ

裾から手を差し込むので

投稿日:2019年5月28日

ハーフパンツの裾から、TTさんが手を差し込むので、わたしはその感触で緊張してました。

車の助手席に座ったまま。

TTさんの右手が、わたしの太ももを上へ下へ。

裾の中に手が差し入れられるたびに、指先が足の付け根に触れます。

昨日ほど暑くはないけれど。
蒸しているわけでもないけれど。

体温が高くなって、汗をかきそうなくらい。

太ももからゆっくりと、裾の中に指が入れられて。

足の付け根では、その指先が少し動かされるみたい。

力を込めずに、引っ掻くような動きで。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

  1. こな より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

記憶の中に残っている感じ

ブログを書いていると、過去の出来事が、いつまでも忘れられることなく、記憶の中に残っている感じがします。

no image

「会えますか?」っていうこと

出会い系サイトって、「●●人が登録」みたいなことが書いてあったりするけれど、「ほんとにそんなに?」って思うのと、「意外と人がいるんだ」って思うのと。

no image

トマトが赤くならない

わたしの畑は、あまり作物がうまくできなくて。管理もできていないし、草は生え方で。
毎年そんなことになっているのだけど。

no image

枯れて流れていったもの

雨と蒸し暑さで、だたダラダラとした時間を過ごしています。
大切な用事以外で、外に出るのができないような天気で、いつまで降るのだろって思うくらい。

no image

誘惑は次々と。

わたしは決して気が長い方じゃないし。
ちょっと何かがあると、すぐに流されてしまう方だと思います。


わたしのことは、このブログでちょっとずつご紹介したいなと思います。
みなさんに伝えたいことや、内緒なことを書いていくつもりです。

アーカイブ