近所のエンドウ豆

晴れと風と雨と、いろいろな天気が混ざり合った感じの陽気になっているのだけど。

わたしが借りている畑は、なかなか元気な作物ができないまま。
今年はイモとトマトとナスが良さそうな予感です。


イチゴは、小粒の物ばかりがたくさんできてて。
真っ赤になるから取らなきゃと思って畑に行くけれど。

売っている物と比べて粒が小さすぎて。


指先くらいのサイズ。


どうしてだろうと思いながら、しばらくいたのだけど。


今日、謎が解けました。


まだ若いからだそうです。


すぐ近所で同じように畑をしていたひとに聞きました。

わたしがしゃがみ込んで、イチゴを取っていて。

たびたび、そういうところを見ていたのか、畑でひとりで下を向いて小さくなっていても、別に不思議とも思わなかったみたいで。


つい目があって、簡単に挨拶をしたついでに、イチゴのことを聞きました。


「それは若いからだ」
って簡単に答えてくれて、育っていけば大きくなると教えてくれて。

すんなりと、わたしが持っていた疑問は解けてしまいました。


このまま、ずっと放置して、まるで雑草のように生え続けていたら。

数年後には大きなイチゴが採れるかもしれない。


それまでわたしが飽きていなければ。


今は指先のようなものばかりだけど。

そう思うとちょっと楽しみになってきました。

話しをしたついでに、たくさんなっているエンドウ豆を少し分けてもらって。


「なんなら採っていけ」ぐらいの言い方で。


ふた掴みぐらいだけど。


実りのないわたしの畑なので。
それくらいでもありがたくいただきました。

1
★★ランキングに参加してます★★
順位が上がるとテンションも上がるので、クリックして頂けると嬉しいです!!

関連記事

「近所のエンドウ豆」

畑のことを見る

コメント(2)

私は、簡単なものからという事で、大葉を育ててます。

コメントする


(公開されません)